2005年12月31日
管理人からのお知らせ [ ◎インフォメーション ]

現在用いているアイテム画像作製ツールの仕様変更により、アイテムの特定及び画像の作製が困難になっています。

がいあ様作製のUOSVOEを愛用していたのですが、UOML導入後の仕様変更により、実物のモデルIDからアイテムデータを検索、特定することが困難になりました。
そのため、実物とHP内の画像が異なる場合もありますが、御容赦下さい。
一部のUOMLアイテムの色変更が不可能になっているので、パーツ単位での作製が出来なくなり画像量が増加しています。

御願い
UOSVOEと同等の機能を持つツールを御存知の方はお知らせ下さい(InsideUOはダメです)。
また、同等のツールを作製して下さる方募集ですm(_)m

機能としては
・16進数のモデルIDからアイテムの検索
・特定できたアイテムに16進数の色コード指定による着色
・スタックの再現
・GIF型式による透過セーブが可能
これらが可能なツールを求めています。

最低限、16進数のカラーコードによる着色とスタックが出来れば、なんとか凌げます。
ツール作者の皆さま、宜しく御願いしますm(_)m

投稿者 Jackal : 2005年12月31日 00:00 | トラックバック