Event
皇帝ゴルモア
'98年12月〜'99年7月の長期に渡って、日本シャード限定で行われた大規模なイベントです。
詳細については割愛しますが、このイベントでは大変珍しいことに、ユニークなレアが複数入手可能でした。最後の大ボスのゴルモア『Golmo』名付きの装 備品や、配下のMeyer、Jordanがそれぞれ所持していた通称"赤熊マスク"と"青鹿マスク"などは有名ですね。"赤熊"、"青鹿"マスクは人気が 高く、価値をGP換算することは難しいのか、GPで取引されることはまずないようです。後に大和では関連イベントが起こり、ゴルモアの愛刀"Soul Eater"も入手できました。
メア週間
'99年2月にLostLandで実施された、期間限定のイベントです。
この時に2頭ずつ2回、4頭4種出現したのが、有名な赤いナイトメアです。また、普通の白馬と変わらない色のナイトメアも出現したそうです。
イベント開始の時点ではYamato・Asuka・Wakoku・Hokutoの日本シャードが稼働していました。これら以外の日本シャードでは存在していません。Hokutoはこの年の1月稼働でしたが、2頭テイムした方が居たようです。また、現存する赤メアはAsukaでのみ確認出来ます。 Yamatoでは1頭がアカウントごと消失、もう1頭はガード死したとの事です。
この赤いナイトメアですが、能力的には普通のナイトメアと変わらないようです。また、ミナクス派閥の軍馬とよく間違われる事があるようです。
クリーンアップ・ブリタニア
トラメル大陸解禁の前、'99年10月15日?〜10月29日に行われました(Bajaシャードでは11月2日〜11月5日の期間、巻き戻りのため追加延長されてます)。※1
町のゴミ箱(家にも設置できたようです)にアイテムを入れると、ある一定のレートでポイント化され、そのポイント数に応じて景品がもらえたという画期的なイベントです。
当時は家の床にアイテムを置いても腐敗しませんでした。ゲーム内でのアイテム絶対数を減らし、新大陸での家建築解禁に備えようとした目的があったようです。
ラグも発生せず、不要アイテムも減り、尚かつPCの手にレアなプレゼントが入るという、今まで行われたイベントの中でもっとも優れていたのではないでしょうか。
同様のイベントがクリーンアップ・ブリタニア2008として行われてます。

※1 MyUo内では'00年9月に行われたと間違って記載されていました。('08年10月7日に訂正されてます)
トリンシック陥落
UOR導入直前に行われた大型イベントです。
一連の流れは"ブリタニアクライシス"と呼ばれ、ミナクスのアンデッド軍団によりトリンシックが襲撃されました。この攻撃によりトリンシックは陥落し、街 の入り口は封鎖されてしまいました。街はガード不在の無法地帯となると同時に、何故かアイテムのロックダウンをも解除されてしまったようです。一見侵入不 可能だったトリンシックですが、実は侵入可能で、ロックダウンの外れたアイテムをレアハンター達が根こそぎ奪っていったようです。この時の教訓を生かしたのかは定かではありませんが、EAはUOR以後ロックダウンのシステムを強固なものにしたようです。